バスフィッシングの常識を一新する

“本気食い“

ソフトベイト

SENCES 1st product

Eguita|イギータ

Eguita|イギータ

​センシーズが送り出す第一弾ルアー

フラット面で浮き上がりを抑えながら水を掴むので、ただ巻きするだけでフラフラ泳いでくれるのがイギータ5インチの基本アクション。ロングボディは従来のフラット系ではイミテート出来なかった、細身のベイトフィッシュのシルエットを再現している。

イレギュラーフォールも得意としており、リグやシンカーの使い方によってどんな状況にもアジャストできる、変幻自在のニューコンセプトソフトベイト。ノーシンカー、ネイルリグ、ジグヘッド、ジグトレーラーでの使用が特にオススメ。

prologue|プロローグ

プロトモデルの最終テストを行った2019〜2020年の琵琶湖冬シーズン。テストに協力してくれた琵琶湖ローカルの凄腕アングラー達が口を揃えてこう言った。

 

「食い方が本気やわ…」

食い方が本気。

そう感じたのはテスターだけでなく、プロデュースしている本人、ビックリマン高田も同じであった。

 

冬の琵琶湖のビッグバスフィッシングはショートバイトとの戦いである。

例えばデッドスローゲームで使用されるビッグベイト。バイトはあるのにフックアップに持ち込めない…という状況も少なくない。

 

またソフトベイトを使用してもテールバイトに悩まされることも多い。

ところがイギータのスイミングは食い方が異なる。タフコンディション時においても明確な”ゴンっ!”というバイトが殆どである。

釣り上げたバスの口を見るとイギータは丸呑み。イギータは完全に餌だと認識していると確信した。

 

ベイト食いのビッグバスが”本気食い”してくるニューコンセプトベイト。それがイギータ5インチである。

Character|特徴

イギータの最も大きな特徴は汎用性の高さだ。

ネイルリグやラバージグトレーラーなどの

冬のデッドスローリトリーブから、ジカリグなどでの

リアクションゲーム、スパイラルフォールなどでの

バーチカルな釣りなど、リグの適応率の高さから

多くの状況にアジャストできる。

 

アングラーのアイディア次第で無限の可能性を秘めているのだ。

 

それでいてバスの食わせのスイッチを入れるギミックを

ボディの至る所に散りばめている。

Body form|ボディフォルム

ベイトフィッシュをイミテートしたスリムなシルエット。ボディ上部はフラット面になっており、水を受けて浮き上がりを抑える効果がある。

ボディ後方に厚みや広がりを持たせており、これがイギータのスイミングアクションを生み出す。イギータの後方ボディはまるでスプーンのように水を受けるので、動力の発生部分が一部のパーツでなく、ボディの中心部となる。

 

またイギータの下部はボートのようなフィンキールデザインになっており、V字系の波紋を作り出す。この波紋がボディを包み込むことでシルエットをボヤかす効果がある。

これらの緻密に設計されたボディ設定が、本気食いを生み出す秘密のそのものである。またこの後方重心ボディは飛距離の向上をもたらす。

 

フラット系ソフトベイトは飛距離に難があるものが多いが、イギータは必要十分のロングキャスト性能を持っている。

イギータの大きな特徴の1つが独自に開発した”ジェットテール”。フラットで角のあるフィンテールに、垂直にスタビライザーテールが付いている立体的デザイン。

ボディと並行なフィンテールはボディ全体を微かに揺らす動きを最大限に生かす。そしてスタビライザーテールはボディの過度な揺れを制御するという基本的な役割を持っている。

メインテールの上下に設けられたリブは水を掴む効果がある。テールの付け根にも凹みがあって、水流の複雑な形成に一役買っている。また、スタビライザーテールにはほんの少しの厚みを持たせている。

イギータはスタビライザーテールの厚みがとても重要だ。イギータはミディアムリトリーブでウォブンロールの動きを見せるが、速度が低下すると体の振りが収束してI字の動きに変わる。

スタビライザーテールはウォブンロールの際は横方向に水を押すが、I字の動きではテールの断面が水を受けて縦方向の動きに変わる。スタビライザーテールは水に押されながらも元に戻ろうとするので絶妙な自発的動きを発生させるのだ。

 

この横方向と縦方向の動きの変化が狡猾なバスのバイトチャンスを作る。食わせの最後の要素になるのだ。当然、スイミング以外のボトム放置や、リフトアンドフォールの際にもジェットテールが絶妙に震えるので誘いのアピールにもなる。

ブルーギルやコバスのバイトでテールがちぎれるのではないかという懸念があったが、テストでは100本のイギータを使用して、コバスのバイトをフッキングして起こった1本のテール千切れのみ。動きの柔らかさと耐久性のバランスを考慮したテールになっている。

Tackle|タックル

オフセットのフックサイズは2/0を推薦。これが非常に重要だ。3/0以上のフックになると動きが変わってしまうので、2/0のフックを絶対にオススメする。

場合によっては1/0フックを使用することもある。ヘッドバイトがほとんどなのでフッキングは全く問題がない。むしろ小さいフックの方がバイトは深くなる。

ジグヘッドの場合も1/0か2/0を推薦。

ラインはジグヘッドリグの場合、フロロorナイロンの6lb〜8lb。

PEラインでの使用にはPE0.6号〜0.8号にリーダー6lb〜8lb。

オフセットフックを使った釣りの場合、

フロロorナイロンの12lb〜20lb。

ロッドやリールはリグに合わせて使用。シチュエーションや好みに合わせて選んで欲しい。

また、ノーシンカーやネイルリグにおいてはスナップの使用を推薦する。より動きが大きく出る+丸呑みされた時のラインブレイクのリスク軽減、バイトマーカーとしての役割を果たしてくれるからである。

以下、プロデュースしたビックリマン高田のセッティング。

 

・ノーシンカー、ネイルリグ、ジグトレーラー、ライトテキサスでの使用。

ロッド:プルクラ62B リール:アルカンセHS ライン:R18フロロリミテッド16LB

 

・テキサスリグ、ジカリグなど遠距離もしくはカバーでの使用。

ロッド:エストレーモ76(Tulala×Transcendenceプロト)リール:スコーピオン200 ライン:グランドマックス5号

 

・ジグヘッドリグでの使用

ロッド:ボティア62 リール:ストラディック2000S ライン:R18フロロリミテッド6lb

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • TRANSCENDENCE

© 2016 TransHeritageJapan Co., Ltd.