【高速スライドが青物を狂わす!圧倒的に軽い引き心地!】

 

エスナルは軽い力で大きくスライドをするロングタイプのメタルジグです。主に青物を対象として日本中でテストを繰り返し、好釣果を得ました。

 

円柱形状に近い細身のボディーはフォールスピードが速く、潮流が早い場面や深場でも楽にボトムを取ることが可能です。

 

引き重りが軽いため深場を攻める場合や使用するラインが太い場合でも疲れにくく、他のメタルジグよりも楽に扱えるのがエスナルの最大の特徴です。

--

 

このジグは開発中に少し触らせてもらって八丈島で8kgクラスのカンパチ、7kgの本カツオ、キメジをキャッチした思い出深いルアー。このジグの最大の武器は形状に由来するフォールスピードとシャクリやすさです。そして最大の特徴は左右に飛ぶジグであるということ。

 

比較的水深が深いエリアで使うことの多いジグです。この手の釣りで大切なのはフォールスピード、シャクリやすさ、アクションです。

 

フォールスピードに関しては、早ければ早いほどいいです。理由として、他の乗船者よりも先にターゲットがいるレンジまで落とすという観点と、潮が早いエリアで落とし直す時の効率が上がることにあります。これにより魚とのコンタクト率が上昇します。フラット系のジグはフォールが遅く1日中釣りをすると圧倒的な効率の違いが生まれ、釣果に直結してきます。

 

次にシャクリやすさ。これはこのウエイト数のルアーを1日中魚に有効なアクションを出してあげるのに非常に重要な要素です。このシャクリやすさがあることで釣りに集中することが出来るだけではなく、釣果にも影響します。とにかく水抜けがいいんです。

 

そしてアクション。この左右に飛びまくるエスナルは水深が深い釣りで大きなアドバンテージになります。基本的に水深200m付近になってくると大概のアングラーがシャクっているようでほぼしゃくれていない事が多いです。ただ、エスナルはジグのスライドアクションが大きいため、水深が深いエリアでラインにスラッグが出ていたり、水圧でシャクリきれていなくてもヒットに有効なアクションを出せるというメリットがあります。

 

エスナルは水深が深かったり、潮が早いエリアでとても有効なジグです。

 

【カラー:ウメイロチャートグロー、逆ウメイロチャートグロー】

今回は対象魚がほぼ青物であることからカンパチの生息する海域にいるウメイロやウメイロモドキをイミテーションしたカラーラインナップにしました。

 

このカラーリングの基本はシルバーケイムラコートがベースになっており、それにグローベリーを採用しています。浅い水深ではチャートヘッドのブルーバックにすることでヒラマサやカツオ、キハダにも使いやすいカラーに仕上げました。それにイワシグロードットを加えることで少し深い水深でのアピール度を高めました。

 

280gと350gに関しては完全にカンパチなどを意識したウメイロカラーを採用。これもグローベリー、イワシグロードット、ケイムラコートを採用し、水深が深いエリアでのアピール度合いを高めました。

 

沖縄の一部の釣船ではカンパチを釣る時にコマセでウメイロを寄せてからジギングを釣る船もあるくらいカンパチにとってウメイロは良いベイトです。是非一度使ってみて下さい!

Esnal / エスナル 190-250g 【逆ウメイロチャートグロー】 BlueBlueオリカラ

¥2,430価格
ウエイト
    • Facebookの社会的なアイコン
    • Instagram
    • TRANSCENDENCE

    © 2016 TransHeritageJapan Co., Ltd.