Monsterfin70S

MF70S_ST.png
掛けて.png

Monsterfin70Sは7ftのシャローに潜むデカマサや、GTなどを根から強引に引き剥がすために開発されたショートキャスティングロッドがMonsterfin70Sです。

 

開発コンセプトは”掛けて止める”。

 

既存のダイビングペンシルに加え、ルアーをジャーキングしたり、シンキングペンシルを アクションさせるために開発を 進めてきたショートロッドです。 大型のプラグから180g程度のシンキングペンシルまでをフルキャスト可能であり、ロッドが短く、軽いためルアーをジャークしやすい設計になっています。

 

また、バットパワーは Laulau83GTSよりも断然強い設計になっており、大型青物のランに耐える強靭なバットセクションになっています。 破断強度は圧倒的な20kg(工場ベース)。アンダーキャストなどが必要になって くるようなシチュエーションでもアンダーキャストがしやすい設計です。

このロッドはビッグプラグのクロマグロゲームや、シャローの大型ヒラマサやGTの突っ込みを制するために開発された専用ショートロッドです。ルアーを長時間アクションさせる際の操作性・軽量さ、大型プラグのキャスト性能、魚にプレッシャーを与えられるブランク性能を徹底的に追求しました。

 

オフショアの釣りでも、バスやシーバスフィッシングのようにルアーをジャーキングしたりトゥイッチしたり、自分でマニュアル感を楽しみながらキャッチしたいというのがMF70Sの開発のきっかけでした。 一般的なオフショアロッドは8ft台のロッドが多く、長く取り回しが悪く重いため、長時間のルアーのジャーキングアクションには向かないロッドが多いと思います。

 

MF70Sはロッドウエイトも軽く、レングスも短いため、ジャーキングをし続けることが可能です。もちろん、あくまでもキャスティングロッドであるため、 キャスト性能を確保するためにティップセクションはLaulau83GTSのようなしなやかさを確保することで、 ブランクスの反発力を最大限に利用してルアーを遠方に送り出すことが可能です。

 

また、掛けた後も強靭なバットセクションでシャローでもプレッシャーをかけられ、イニシアチブを取れる ロッドにしました。ショートロッドなのでファイトが楽なのも特徴です。 もちろんクロマグロなどの100kgクラスでも問題なく使用可能です。

MF70Sは単なる剛竿ではなく、魚をかけにいく、攻めるためのオフショアショートロッドです。大型ミノー などをジャークした際に入力したチカラがルアーにダイレクトに伝えるシャープさも兼ね備えています。これで入力したチカラをマニュアル感満載で伝えることが出来るので思いのままの誘いが可能です。

 

リールに関してはガイドがMN40を採用しているため、飛距離の観点からはSTELLA14000番から18000番 までが使いやすいように設計されています。水深20m以下のシャローエリアで19.5kgの大型のヒラマサをキャッチした際はPE10号、STELLA18000 番をほぼフルドラグでキャッチしました。シャローのヒラマサのシイラパターンやGTのシャローゲームでは、走らせる釣りではないので14000番に10号165mでも良いと考えています。

 

ドラグ15kgで も余裕のあるファイトが可能です。MF70Sは慣れるまでは飛距離を出すのに苦労するかもしれません。それはショートレングスロッドであるということと、ブランクスの硬さにあります。キャスト距離を稼ぐため にはティップセクション#1のブランクの反力を最大限に引き出してあげる必要性があります。しっかりと ルアーのウエイトをブランクに乗せてあげると想像以上の飛距離を達成出来るはずです。

また、南米を中心とした淡水のビッグゲームにはLaulau83GTSよりもMonsterfin70Sの使用を推奨します。理由としてはボートでのファイトのシチュエーションが多く、大型の魚が多いためショートロッドの方がファイトがしやすいからです。

>  SPEC

Length:7.0ft

Closed Length:770mm

Piece:3

CastWeight:80 - 200g

PE:6-12号

Rod Wt:327g

Drag:-15kg

Remarks:チタンガイド、SiCガイド混合(TMNST,TKWSG,EKWSG,EMNSG)

価格:66,000円(税込)

JAN:4580688090082

​​2020年8月頃発売予定

for Monster Catfish game

Monsterfin70Sはオフショアゲームだけに特化したわけで はありません。世界の淡水域に生息する記録サイズのナマ ズにも真価を発揮します。

 

海外でのナマズゲームではボー トから餌を投下するゲームが多く、その場合ロッドレング スが短い方がファイトにおいて楽であり有利です。 急流でのナマズゲームなど、短期間で主導権を握らなけれ ばいけ ないゲームではMonsterfin70Sのような強めのファイトが 可能なロッドが向いています。但し、ナマズの種類によっ ては高負荷のドラグを掛けると口切れしてしまうケースも あるので注意が必要です。

 

このMonsterfin70Sでは60kgクラスのジャウーから100 kg以上のピライーバなどのターゲットでもきっちりとテ ストをしてきています。安心してモンスターフィッシュと 対峙してロッドを信頼してファイトしてもらえます。

 

過去にLaulau85GTBでもキャッチしたことのある80kgク ラスのナイルパーチなどのモンスターフィッシュなどにも 真価を発揮すると思います。大型の生き餌をキャストする ようなゲームでも耐えうるポテンシャルを有しています。

IMG_0621.jpg
IMG_4678.JPG

Masaaki  Katayama

for Monster Alligatar  gar game

世界広しと言えどもモンスターという名に相応しい淡水魚は数える程しかいない。

 

ヨーロッパオオナマズ、アリゲー ターガー、ピラルク、ピライーバなど、ナイルパーチなどずらり並んだこれらの怪物的魚たちの中でも記録級の1尾と真っ向勝負を挑むパックロッドときたら輪をかけて少ないのが現状だ。モンスターフィンはそんな怪魚の中でも特 大サイズに対応する竿を目的として開発された。

 

記録級の怪魚となると餌の大きさも尋常じゃない。500g 以上もある魚の切り身を安心してキャストできるように オモリ負荷は300g、アンダーキャストで1kgに設定さ れている。

 

また、ロッドセットは岸、ファイトはボート なんて状況もあれば終始岸釣りとなる場面もある。ロッ ドの長さを7ftとすることで岸とボート双方に対応してい る。

 

上がりたてのプロトロッドを持ってアリゲーターガーの生 息地アメリカ・テキサス州に9年ぶりに降り立った。僕が 同じ対象魚を相手に再訪するのは珍しいことだ。200lbを 超えるアリゲーターガーの命を懸けた全力ファイトをモン スターフィンはしっかり受け止めてくれた。

が−.jpg

Hiroyuki   Yamane