UNDER BUILDING

Trans system

TRANSCENDENCE独自のトランスシステムについて

TRANSCENDENCEの独自のシステムであるトランスシステム。このシステムはマルチピースロッドというブランクを継ぎ合わせることでロッドを組み上げるタイプのロッドだからこそ成立するシステムです。

 

トランスシステムとは、基準となるレングスのロッドに一つセクションを追加することで長さを変えることが出来るシステムです。

 

レングスの変え方は大きく分けて2種類です。1つはブランクの追加セクションを加えること。2つ目はグリップの長さを変えること。これによって1つのマルチピースロッドのセットで2種類のレングスになったり、4種類のレングスになります。

​このトランスシステムでレングスを変化させるメリットはいくつかあります。レングスが長くなることで

・飛距離が出やすくなる

・ロッドの支点が変わることでロッドの調子が変わる

・よりパワーファイトがしやすくなる(グリップ追加)

・足場に応じてレングスを調整出来る

・対象魚に応じてティップセクションを交換できる

​・違うロッド間でブランクスの互換性がでる

このように多くのメリットを享受することができます。TRANSCENDENCE​のスタッフは遠征が多いため、どうしても1本のロッドに求められる要素が非常に多くなってしまいました。そのニーズに応えるために開発された仕組みがトランスシステムです。

LateBloomings510+ Rev2.0

4 in 1

LB510はFig.1にある通り、1セットで6つのパーツで構成されています。ティップから3つ目までは共通セクションとなり、追加レングスを加えることで7ft台のロッドに可変します。それにねじ込み式の延長グリップに付け替えることで5ft10inc(5.8ft)が6.2ftへ。7.3ftが7.7ftの長さに可変します。その全ての組み合わせがFig.2にある4パターンになります。

Fig. 1 LB510+1セット

Fig. 2 LB510, LB62. LB73, LB77 LateBloomings510+の全ての組み合わせ

>LB510 

ボートゲームを中心に至近距離のパワーファイト用のセッティングがLB510の設計原点です。

コノシロシーバス、ボートシーバス、バラマンディ、ピーコックバス、タライロン、カショーロ、パプアンバス、トーマン、ガンユイ、キングサーモン等

>LB62 

ジギングやパワーファイト、ジャーキングなどのブランクスの性能を最大限に発揮させることが出来るワキ挟みファイトが出来る設計。

ジギング全般、コノシロシーバス、パプアンバス等

>LB73 

LB510を48cm延長させたのがLB73です。飛距離が必要な場合や、足場の高い場所などでチョイスするセッティング。レングスが長くなることでLB510とはブランクに力のかかる位置がグリップ側に移行するため、よりソフトかつスムースなベンドカーブを描きます。

コノシロシーバス、ボートシーバス、バラマンディ、ピーコックバス、タライロン、カショーロ、パプアンバス、トーマン、ガンユイ、キングサーモン等

>LB77 

7ft台でパワーファイトが出来るのがLB77です。海外の2mクラスのピラルクまでも対応可能なブランクバランスを実現しました。LB510のパワーバンドがグリップ側にシフトすることで、ブランク全体のパワーを如何なく発揮。グリップ延長したことにより、ワキ挟みファイトが可能になるためパワーファイトが可能になります。

ピラルク、ロックフィッシュゲーム、大型ナマズ等

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • TRANSCENDENCE

© 2016 TransHeritageJapan Co., Ltd.