​バラマンディ

BARRAMUNDI

名前:バラマンディ (プラー カポン・シアカップ・イカンカカップ)

学名:Lates calcarifer

IGFA:世界記録98 lb 6 oz(44.64 kg)Lake Monduran, Queensland, Australia

分布

アジア・オセアニアを中心にに広く分布。

北限;台湾/中国南部,西限;ペルシャ湾;

南/東限;オーストラリア北部/パプアニューギニア

概要

世界的に人気なルアーフィッシングターゲット、バラマンディ。バラマンディの生息する環境は驚くほど多種多様だ。これほど多くの環境に適応できるルアーフィッシングのターゲットとなる魚は他にないだろう。書き出すときりがない。

沖合のハンプ、マングローブ帯、都市型河川河口部、河川中流の淡水域、貯水池、釣堀…。それぞれの環境で、釣り方や使用するタックルが異なるため、自身が行く場所に合わせてタックルをセレクトする必要があるのだ。

バラマンディは生き物としてもとても魅力的な魚だ。金色に輝く眼や小顔と相反するように聳え立つ体高は、釣り人ならずアクアリストも魅了している。

 

本種は、雄先成熟で性転換する魚だ。即ち、1 mを超える本種は全て雌である。小魚や甲殻類を積極的に捕食する本種は、ルアーへの反応も良好だ。活性が上がると数尾から十数尾の群れを形成し,浅場やベイトが溜まるような場所で狩りを行う。

非活性な時間帯はマングローブや岩場、マンメイドストラクチャーにタイトに居着き休息する。

夜行性といわれることが多いものの,日本のシーバスと同様に時期や場所,餌の種類によって昼行性と夜行性が変化するため,日中の釣りも成立する。

 


本種以外のラテスで釣りの対象魚となっているのは日本のアカメとアフリカで釣りあげられているナイルパーチである。

​ナイルパーチ

​アカメ

釣り方

最も有名な釣り方は、汽水域のマングローブ帯で日中に行うボートフィッシングだろう。マングローブの根本にサスペンドタイプのミノーやシャッドを正確にキャストし、トゥイッチやジャークを織り交ぜながら狙うこの釣り方は、テクニカルで面白い。

非活性状態のバラマンディを起こしてバイトに持ち込むイメージだ。高活性状態の場合はポッパーでバイトを得ることもできる。マングローブ帯では,10 m程度しか投げないため、ショートロッドでテンポ良くリズミカルな釣りを展開したいものだ。

世界記録が釣り上げられたのは,オーストラリアの貯水池だ。貯水池が純淡水であることは言うまでもなく、バラマンディは淡水でも生息できる。

 

貯水池ではトローリングで狙うのが主流だ。キャスティングは、トローリングで通しにくい立ち木周りを狙う際に行う。いずれにせよ、20 kgオーバーのヒットを想定した釣りになるため、マングローブ帯で使用するタックルよりも強化する必要がある。

東南アジアにおいて、バラマンディは庶民が狙うことのできるターゲットとして人気だ。インドネシアでは,陸っぱりで狙うスタイルが主流で、街中を流れる小規模な河川の河口やサーフで狙うため、8ft前後のロングロッドが使いやすい。夜間に常夜灯に集まるボラやサヨリを捕食する音を聞くと、釣り人の期待度は最高潮に達する。

 

フローティングミノーやシンキングペンシルのドリフトで狙うため、日本の河川シーバス釣りのテクニックをそのまま活かせるのが面白さだ。陸っぱりとは言え、沖合から小規模河川の河口部に入り込むバラマンディは、10 kg前後がアベレージとなってくる。陸っぱりが故に、バイト数が少ないため貴重な1尾を確実に獲り込めるタックルで挑みたいものだ。

バラマンディを最も簡単に沢山釣ることができるのは、通称バラ堀と呼ばれる釣堀だ。東南アジアでバラマンディは、積極的に養殖されており、養殖魚を用いた釣堀がタイ、マレーシア、台湾などに多く存在している。

コンディションの良い釣堀では,トップウォーターだけで4時間釣り続けられる程だ。使ってみたいタックルや強度テストしたいタックルで入れ喰いをお楽しみあれ。
 

タックル

1.オーストラリア/マングローブ帯 ボートフィッシング

ロッド:6ft以下のバス用ベイトロッドMH

リール :バス用ベイトキャスティングリールシマノ200番

メインライン: PE3号
リーダー: 40 – 50 lb

ルアー サスペンドミノーおよびシャッド(バラミノー)、ポッパー

2.オーストラリア/貯水池 ボートフィッシングキャスティング

ロッド:7ft前後のバス用ベイトロッドXH

リール :ベイトキャスティングリール シマノ300 – 400番

メインライン:PE 4号
リーダー: 100 lb

ルアー サスペンドミノー、ポッパー、ペンシル

3.オーストラリア/貯水池 ボートトローリング

ロッド:6 ft前後のベイトジギングロッド

リール :ベイトリール シマノ300 – 400番

メインライン:PE 4号 ナイロン 30 lb
リーダー:100lb

ルアー ディープダイバーミノー

4.河川 ショアフィッシング

ロッド:8 ft前後シーバスロッド(H)、ライトショアジギロッド

リール :ダイワ3500番,シマノ4000番

メインライン:PE 4号
リーダー:80 lb

ルアー 10 – 13cm フローティングミノー、シンキングペンシル、ポッパー

​5.タイ・台湾 釣り堀

ロッド:6 – 7ftバス用ベイトロッドH

リール :バス用ベイトキャスティングリールシマノ200番

メインライン:PE 4号
リーダー:80 lb

ルアー ポッパー、ミノー、ビッグベイト、ワーム等何でも

豆知識

手元に訪れるバラマンディのバイトは金属的だ。まるで金属バット同士がぶつかったような衝撃と共にファイトが始まる。

バラマンディのエラ洗いは,経験の有無にかかわらず、“来る”と覚悟していても釣り人の心に強くインパクトを与える。彼らは全力で釣り人から逃げようと必死で跳ねる。エラ洗いはフックアウトや鋭利な鰓蓋によるラインブレイクの原因となるので要注意。

​ルアーを無くしたくない時はワイヤーリーダーを使って下さい。

ギャラリー

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • TRANSCENDENCE

© 2016 TransHeritageJapan Co., Ltd.